非常に高いペイアウト率約95から98%

非常に高いペイアウト率約95から98%

日本人プレーヤーが2004年10月にジャックポットを当てて1億300万円を獲得しました。なんといっても、これにカジノの魅力は尽きると思います。

圧倒的にオンラインカジノが有利だと言えます。ワタシが実際に国外のランドカジノ(店舗のカジノ)でプレイしてかんがえたことなのですが、ディーラーに現金を渡してチップを買うとなると、度胸がかなりいります。

1000万円単位の大当たりを出している日本人もこれ以外にもいて、一攫千金の夢がふくらみますね。約95〜98%とオンラインカジノはひじょうに峻絶ペイアウトの率です。

コレまでそれで救われることがなんどあった事か。お金を最初に入金してあり、ディーラーに現金を渡してチップを買ったりしててないし、オンラインカジノだと、現金に触ることはオンラインカジノではありませんので、ランドカジノより気持ちにゆとりが出ます。

なんせ、現金でプレーをするから、ランドカジノだと、熱くなって大負けしてしまう人が大口なのでね。たとえば-2000円、-4000円、倍賭けして-8000円なんてなって行っても、4000円を次回賭け2回やって勝てば純良んだな、という気になれます。

チップ=お金と思ってしまうため、勝負に負けると出れなくなります。パチンコは約80%、競馬・競輪・競艇・オートレース等は約75%、宝くじとかサッカーくじは45〜50%と、日本のギャンブルは非常にペイアウトの率が最低です。

わたしの考えですが、現金を扱わないオンラインカジノのほうがランドカジノより、損失に耐えて挽回をしやすいのではないか、と思ってます。ワタシは小心者なので、2000円以上は一回当たり賭けられなかったデス。

人生がたった1日で変わることなんて、カジノ以外にはないと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ