ハウスエッジという言葉

ハウスエッジという言葉

ハウスエッジ(控除率)とこの有利になっている率を呼んでいます。ヨーロピアンタイプのルーレット(『0』のみがあるタイプ)の時には、『1』〜『36』の数字と『0』があって、ハウスの側の『0』が出ると勝利なので、1/37(≒2.7%)にハウスエッジはなります。

すなわち、ゲームが100%確率通りに進行をすれば、『ハウスエッジ』と『100-ペイアウト率』は一致を完全にすることとなります。賭金の総額に対して、当選金として払い戻した総額の率の事をペイアウトの割合といい。

これは、とうぜんのことです。ヨーロピアンタイプのルーレットの方が確率的には遥かにプレイヤーの側に有利になっているのです。

例えば、アメリカンタイプと呼ばれているルーレット(『0』と『00』があるタイプ)の場合、『1』から『36』の数字と『0』と『00』の38個の数字がルーレットにはあります。幾つもの優良オンラインカジノ(ネットカジノ)は95%〜99%のペイアウトの率を誇っています。

ハウスエッジ(控除率)にこの2/38(≒5.26%)がなるわけです。ハウスエッジ(控除の割合)という言葉がペイアウトの割合と類似の言葉であります。

どのような数字が出る確率も1/38です。そんなわけで、ほんのチョットだけ各ゲームはカジノの側に有利になってるのデス。

しかし、ハウス側(ランドカジノやオンラインカジノ)の勝ちに『0』と『00』が出た場合はなりますので、ハウス側に2/38は有利なのです。五分五分の勝負をもしもしてたら、50%に長期間的な勝率は極めて近くなりますから、全部経費(人件費等)が必要なカジノはつぶれてしまいます。

アメリカンタイプのルーレットもヨーロピアンタイプのルーレットもカジノとかオンラインカジノに行ってどちらもあった場合は、確率的にはヨーロピアンタイプで遊ばなければソンします。全てのゲームでオンラインカジノを含めてカジノにあるゲームは、ハウス側(ランドカジノやオンラインカジノ)に確率的に有利になっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ